日本ポラリティセラピー協会

Japan Polarity Therapy Association

プラクティショナー養成セミナー

日本ポラリティセラピー協会公認プラクティショナーの資格は、APP(アソシエイト・ポラリティ・プラクティショナー)とRPP(レジスタード・ポラリティ・プラクティショナー)の2種類です。 

APP養成セミナーは、全23回(140時間)。APP資格取得には、全セミナー受講(140時間)、実習(30時間)、セッション体験(5時間)、計175時間のトレーニングが必要です。

APP養成セミナーの詳細
pdf APP202305.pdf (0.09MB)


RPP養成セミナーは、APP養成セミナーを修了された方を対象に、より専門的な知識と技術をマスターし、プロとしてサポートとヒーリングに携わるための高い能力を養うことが目的です。RPP資格取得には、計700時間(内175時間はAPP課程)のトレーニングが必要です。

RPP養成セミナーの詳細
pdf RPP202305.pdf (0.09MB)


養成セミナーは、ポラリティ理論とボディワーク(施術)を中心に、解剖生理学、エクササイズ、コミュニケーション(カウンセリング)、栄養学、ビジネスマネージメント、職業倫理、セルフケア、クリニック実習等を含む実践的セミナーです。 
プラクティショナーを目指す方はもちろんですが、ご自分やご家族の心身の健康のためにポラリティを学んでみたい方もぜひお気軽にご参加下さい。「楽しくて役に立つセミナー」をモットーに開講しています。 

プラクティショナーをめざすか、めざさないかに関係なく、ポラリティを学ぶことにより人生に素敵な変化が訪れます!これが言い過ぎだったとしても(笑)、日常生活で心と体が楽になる数々の気づきを経験されることは確かです。(APPセミナーは一年がかりですが、その間の参加者の皆さまの変化にはめざましいものがあります。)セミナーでの学びを通して、ポラリティをご自分の体験にしてくださるのをとても嬉しく思います。 

ポラリティセラピーは、自分を知る旅であり、自分を縛ってきた限界から自由になる旅とも言えます。セミナーを通してご自分が体験することは、プラクティショナーになったとき、或いはまた、家族や友人を支えてあげるときに役立ちます。と同時に、プラクティショナーにとって自分を知ることはとても大切です。自分のものの見方、思い込み、偏見、隠れた感情や心の傷を自覚すること無しに中立にはなれないからです。 

APP・RPPのすべてのクラスを通して、繰り返し学んでいただくことは; 
1.「エネルギーは、物質と形態の背後にある真の実体です。」というDr. ストーンの言葉を、身をもって理解する。
エネルギーに対する感性を高めるのはもちろんです。そのためには、ご自分のエネルギーを良い状態に保ち、強いエネルギー体になることや、波動をあげていく努力が必要でしょう。でもそれだけではなく、エネルギー的な観点からものごとを見る習慣を身につけることが重要です。これがポラリティの基本です。 

2.中立性 
「セッションの質の鍵をにぎるのは中立性である」と言っても過言ではありません。プラクティショナーが中立性を保ち、バウンダリーを尊重して非侵入的であるとき、そして、すべての人が持つ自らを癒す力に絶対的な信頼をおくことができるようになったとき、クライアントの深い癒しのプロセスをサポートすることができるようになります。
 

ポラリティセラピーにご興味のあるすべてのみなさんのご参加を心からお待ちしています。 
ボディワーク、カウンセリング、幼児教育、教育、看護や介護などの、人と関わるお仕事をされている方のご参加も楽しみにしています。
ご一緒にポラリティセラピーの可能性を探究しましょう! すずきりょうこ 

養成セミナーのお問合せ・お申し込みは:
高輪ポラリティRyogoku
TEL 090-8494-9104 
E-mail: takanawa@polarity.jp

JPTA2023_05.jpg 講師:鈴木涼子プロフィール 
日本ポラリティセラピー協会会長。
米国ポラリティセラピー協会公認RPPセラピスト。
サンタフェのニューメキシコ・アカデミー・オブ・ヒーリングアーツにて、各種ボディワークを学ぶ。
「高輪ポラリティ」主宰。 国際基督教大学、ミシガン州立大学卒。
著書に『「心」「体」「魂」を深く癒す よくわかるポラリティセラピー』
『ポラリティから学ぶ「心のスキルアップ」コミュニケーションで幸せになるレッスン』
(BABジャパン)。
2024.03.03 Sunday